3.11

d0224823_21311887.jpg
今日午後2時46分・・・ショッピングモールを歩いていたら黙祷の放送が流れた。
Key姉さんと二人で立ち止まり黙祷・・・周り方々もちゃんと黙祷していて終わった後、
何だか涙がこぼれた。人の温かさに触れたようだった。

一年前の地震発生時、オットは代休、Key姉さんは飲み会で前日最終電車で帰宅したため家で寝ていて、Renrenは学校で清掃中だったが即帰宅。Kaiは地震発生後オットが車で迎えに行き渋滞が始まる前に帰宅していた。
もし地震が一週間前だったら・・・Kaiは上野駅で販売会中だったので私と夫は車で迎えに行っている途中だった。
Key姉さんは原宿の学校にいた。Renrenは鍵も持たず帰宅しても家に入れず誰も帰って来ない状態だっただろう。そんな状態だったら家族それぞれの無事が確認できたか否かはわからない。

運が良かったとか、悪かったとか、そういうことでは片づけられないけれども、不安を抱く前に大切な家族の無事を確認できたこと・・・。安心できたことが本当に心強かった。

d0224823_2133447.jpg
大地震の後不安を抱きながら一夜を過ごした方々・・・。
悲しみや恐怖、想像していなかった現実を目の前に突きつけられた日から一年。

それぞれの一年をもう一度しっかり考えよう・・・。まだまだ未来は続いて行くのだから・・・。




ご訪問ありがとうございました。
楽しい毎日を送っている私たちへ
ポチっとひと押し・・・!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]

by ina_channel | 2012-03-11 23:04 | わたしのこと

参観日(2)

参観日(1)とのタイトルでブログUPしてから、参観日(2)を書こうと何度もPCと向かい合いましたが、
中々言葉が選べず時間が経ってしまいました。
いろいろな思いや感情もあるとは思いますが、私たちが感じた事をお伝えしようと思います。

 *     *     *

Kaiの特別支援学校で授業参観の後、保護者・先生への研修会が開かれました。
テーマは「災害時に障がい者を守るために」
少し重いテーマに内容はなんとなく想像はできたものの、
長い年月障がいのある子どもを育てている私たちにとっても辛い内容でした。
宮城県気仙沼市の就労移行事業所「ワークショップひまわり」の施設職員の方のお話・・・。

平成23年4月1日に新事業所を開設予定で、菓子製造作業室には新しい製パン機械を全て設置し、
菓子や製パンの製造練習も開始していた矢先に起った地震・津波。
新事業所は津波と火事で全壊し、残ったのは鉄の残骸だけでした。

利用者さんと施設職員でなんとか避難所の体育館に逃げた震災当日の夜の出来事です。
地域の方々も命からがら逃げてきて不安と恐怖の夜・・・
当然施設利用者さんもいつもと違う環境や大勢の避難者の中で不安定な気持ちになったのでしょうね。
落ち着かない人、声を出す人、パニックを起こす人、
止めようにも収まらない感情を吐き出す利用者さんたち。
身内の安否も判らず心の余裕もなくなっている地域の方々。
そんなマイナスの状態とマイナスの気持ちが合わさって言われた言葉は「今すぐ出て行ってくれ!」
夜中の1時過ぎにも関わらず放たれたその言葉からは相手のもう限界だ!という気持ちが伝わります。
小さな子や老人、病人の方もいたかもしれない。
そして全ての人が追い込まれた状況の中絞り出されたであろう言葉は、
障がいのある子どもを育てている私でさえ少し判るような気がします。
辛くて悲しい事だけれども・・・判るような気がしました。

真夜中に外に出ても寒くて暗い。
同じ体育館の中にある会議室を使わせてほしいと施設職員が懇願するも、
行政は「冷やかな平等」を口にする。
「そこは緊急用に確保しているスペースなので無理です」と。
行政にとって真夜中に避難所から追い出された障がい者の居場所がないという状況は緊急じゃないらしい。
行政に携わる全ての人が↑ こうではないのだろうが、あまりにも切ない・・・。
どうにかこうにか行政担当者を説得し、救援物資も届いていない一夜を会議室で身を寄せ合って過ごしたそうです。
通所の施設なので寝具などもなく、持ち出してこれたのは利用者さんの薬だけ・・・。
翌日被災しなかった方のひまわり事業所へ移動するが、
正式に避難所となっていない小さな場所へは救援物資も届かない。
施設職員の方が役所に救援物資のお願いをしに行くが
「何故あの体育館の避難所じゃダメなんですか?あそこなら救援物資も届きますよ」と。(まったく役所ってやつは・・・)
・・・・・・まぁ役所の方の理由も判りますけどね。
きっとまとまった所に避難していてくれた方が物資も届けやすいのでしょうね。
救援物資を仕分けたり、届ける人も不足していたでしょうからね。

でも、あの体育館に避難し続ける事が正解だったのでしょうか?

その後幸いにもネットの繋がりで小さな避難所にも救援物資や薬を届けてもらう事ができたそうです。
施設職員の繋がりで出来た「暖かな不平等」ですね。

あんな大災害を誰も予想していなくて、準備もしていなくて、
いろいろな問題や悲しみを経験してきた施設職員の方は言っていました。
追い込まれた状況では親・兄弟でさえ避難所での障がい理解は困難だったと。
全ての人が被災者である避難所の中で、周りに気を使い気力がどんどん擦り減っていく・・・。
そんな時に必要なのはやはり「福祉避難所」であると。
全てが変わってしまった現況の中で変わらない時間や空間を提供する事だと。

そりゃあ生活弱者への理解を得る事も大切なのだろうし、余裕がある時は理解を得る事も可能だろう。
ただし今回のような大災害の場合にはそれも難しかったのだろうな・・・。
避難所全てでこのような事が起った訳ではない、障がいがあっても、地域の方と協力し避難生活を送った人もいたはず。
それでも「ワークショップひまわり」の利用者さんや施設職員が体験した事は忘れてはいけないし、
同じような事を繰り返さないように・・・被災地からの「声」をきちんと受け止めようと思いました。

d0224823_1781395.jpg
研修会のあとは全校保護者&先生による懇親会。真面目な話や不真面目な話に花が咲く・・・。


「ワークショップひまわり」のみなさんの今はというと・・・。
 ↓   ↓   ↓
  (Click!)(ホームページが見当たらなかったのでJDFの記事です。)



ご訪問ありがとうございました。
楽しい毎日を送っている私たちへ
ポチっとひと押し・・・!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]

by ina_channel | 2012-01-24 17:26 | Kaiのこと

心のカンフル剤・・・。

d0224823_206393.jpg
初詣で買ってきた合格だるま・・・大安の今日、慎重に目を入れたRenrenです。

d0224823_209362.jpg
同じく昨日購入した大根おろし器。初詣で何故に大根おろし器を買ったのかは意味不明ですが、良さそうな感じです。

d0224823_20222533.jpg
オットは今日から仕事が始まり、3人の子どもたちも連休明けに一斉スタート!いつもの日常ももうすぐ戻って来る。
私はと言うと、少し疲れて何となく滅入り気味です。
そういえば秋頃に一度観て涙がこぼれそうになったユニセフのCM。
年末のテレビ番組で特集をやっていたので思いだして調べたら、ホームページがありました。
心のカンフル剤に観てみましょう・・・。元気になるかも!(やっぱり泣いちゃうかな・・・?)

     ハッピーバースデイ 3.11(Click!)

楽曲Yae「名も知らぬ花のように」 作詞:加藤登紀子 作曲:Yae
      


ご訪問ありがとうございました。
楽しい毎日を送っている私たちへ
ポチっとひと押し・・・!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]

by ina_channel | 2012-01-05 21:29 | わたしのこと

突然の雨・雷・・・。

今日も爽やかに目覚めたKaiは公園散策へ・・・。
d0224823_17114941.jpgd0224823_17122742.jpg
佐倉ふるさと広場の風車(リーフデ《友愛》De Liefdeと命名されているそうです)とともに・・・。
なんてのん気に写真を撮っていたら、黒い雲がぐんぐんと近づいて来て雷もドカーンと鳴り響き土砂降りの雨となりました。
まだAM10:00過ぎなのに雷も雨も凄くて外にいるとちょっと怖いくらい・・・。
周りに避難出来そうな所もなかったので写真を撮っただけで風車とはお別れ。明るい空の方向へ車でドライブとなりました。

d0224823_1741693.jpgd0224823_17423472.jpg
北総花の丘公園へ移動し園内を散歩。こっちも雨が降ったみたいですね。
バーベキューをやっている人がたくさんいましたが突然の雨・・・大変だったでしょうね~!

d0224823_1891419.jpgd0224823_18124294.jpg
まぁ私たちはコンビニおにぎりでしたけどね。いつか頑張ってバーベキューに来てみますかね。

d0224823_18261650.jpg
東日本大震災から今日で半年・・・。
当たり前にある日常に感謝して、
いろいろな事に感動できる心を大切に生きていきましょう。

明日は中秋の名月です。
素敵なお月さま見えるかな?

(→ は先月見た真夏の満月)


ご訪問ありがとうございました。
楽しい毎日を送っている私たちへ
ポチっとひと押し・・・!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]

by ina_channel | 2011-09-11 18:33 | Kaiのこと

大切なこと

今日は真面目なテーマで書いてみました。
映像も16分と長いのですが、興味のある方はどうぞご覧になってみてください。
こんなにも日本の子どもたちの事を考えてくださっている方がいるのに、
何故マスコミは大々的に取り扱わないのか不思議でなりません。
不安をあおるとか、そういう意味ではないので・・・。(是非興味のある方だけでも)
児玉氏の怒りと涙が無駄になりませんように・・・。



国の原発対応に満身の怒り
  児玉龍彦( 東京大学教授 東京大学アイソトープ総合センター長)

http://www.youtube.com/watch?v=O9sTLQSZfwo&feature=youtu.be


児玉氏の息子さんのTwitterより・・・

@a_kodama

  
  ・親父が厚労委員会に参考人として招致されました。
  東大放射線センター長として、毎週末南相馬に400km車を走らせて、
  自身で除染にあたったうえでの訴えです。
  どうか見てやってください。
http://www.youtube.com/watch?v=O9sTLQSZfwo&feature=youtu.be(↑と同じ映像です)


  ・俺は、この人の息子で良かった。

  ・父は、3.11の前に東大のアイソトープセンター長に内定しており、
   放射線の研究が本業というわけではないのですが、
   このタイミングで父がなっていたのも何かの巡り合わせか、という気がします。

  ・ちょうど一年前に父から肝臓移植をした母は、おかげさまでかなり体調が回復し、
   今度仕事にでることになりました。
   あの時もいろいろな方に激励をいただきました。
   この一年間本当にいろいろなことがありますが、
   家族一同支え合ってなんとかやっています。

  ・親父からはいつも、勇気ということを教えられてきた。
   親父の立場で、公開の場でああしたことをいうのは、
   どれだけの勇気がいったことだろう。
   まずはそれをねぎらってあげたい。

  ・親父のスピーチを通して、どうか学者にも社会のため、
   人のために真摯に仕事をしている人間がいると伝わればと思っています。
   利権やポジションにとらわれた人間の多さに嫌気がさすこともあると思いますが、
   物事をよくするために行動することをどうかあきらめないでください。

  ・親父のスピーチを見ていただいた方に、一つだけお願いさせてください。
   父は影響力のある科学者ですが、同時に病気の妻を抱えた58歳のただの男です。
   一人ですべてを解決できるわけではありません。
   本当に状況が良くなるために、一人一人ができることがあると思います

  ・正直言って、息子の立場で、僕は出しゃばりがすぎると感じる方もいらっしゃると思います。
   それでも、家族として、父が真摯に訴えていることを、多くの方に伝えたいとは思うし、
   ソーシャルメディアをそのために活用したいと思うのでそうしています。



今大切なのは、悪者探しではなくて大切な人を守ること。大切な未来ある子どもたちを守ること。
大人たちは諦めないこと。そして笑える毎日を送りたい・・・。と、私は思います。



ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしければClick!を・・・お願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]

by ina_channel | 2011-07-30 09:18

夕方の散歩

d0224823_21515592.jpg
今日のKaiは、銀行やら、買い物やらへ主婦のお伴として出掛けたので、夕方になってから散歩に出かけました。
気温も少し下がってビュービューと風も吹いています。風が強いと歩くのが早い!なぜでしょうか?


d0224823_22134649.jpgd0224823_21552211.jpg
草を振り回し桜の木にタッチ!小走りしてはタッチ!
何だかいつまでたっても走り方が今いち・・・欽ちゃん走りから抜け出せない・・・。


d0224823_2213064.jpg
地震で壊れ修理中だった大好きなゆらゆら橋も工事が終わりました。強風のため結構揺れていて・・・怖かった。


d0224823_22204027.jpg
prayforjapan.jpとは・・・
東日本大震災発生のわずか12分後から届き始めた、海外・国内からの〈祈り〉のメッセージ、Webサイト。
震災当夜、停電中の一時避難所にいた20歳の大学生によって立ちあげられた。
この本の印税は全額、復興のための寄付にあてられます。

忘れないためにも何度も何度も読み返します。Renrenも涙した本・・・。


ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしければClick!を・・・お願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]

by ina_channel | 2011-07-26 22:39 | Kaiのこと

震災から3ヶ月・・・。

東日本大震災から今日で3ヶ月ですね・・・。

d0224823_14523517.jpg
今回の震災で多くの日本人は優しくなろうと意識したのではないでしょうか・・・。
その気持ちを忘れないであたりまえにある日常に感謝しながら明日を迎えましょう!
 

d0224823_22403751.jpg
                                          明日はKaiの誕生日!17歳です。



Click!をよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]

by ina_channel | 2011-06-11 22:42

散歩道の被害

d0224823_1502030.jpg
自宅から1分でこの川沿いへ。桜が咲くと最高!!だけど、今はまだつぼみの方が多い。

d0224823_1574694.jpg
堤防がかなり崩れています。

d0224823_1592547.jpg
大好きなゆらゆら橋も通行禁止!橋の上から眺めるのが大好きなのに残念・・・

d0224823_284695.jpg
1時間かけての散歩道。毎度お決まりのコースです。
[PR]

by ina_channel | 2011-04-06 02:13 | Kaiのこと

今日も頑張る!

d0224823_12334855.jpg
今日も踏ん張る!
[PR]

by ina_channel | 2011-04-04 12:34 | わたしのこと

心を柔軟に

d0224823_15254199.jpg
キャンドルナイト・・・びっくりするくらい音が消える。会話が増える。

d0224823_1528211.jpg
大人は黙って水道水!!
[PR]

by ina_channel | 2011-03-30 15:31 | わたしのこと